2005年07月

2005年07月20日

再び大崎。

国際政治経済論?の試験があった。昨日と同じく適当に終わらせる。ゼミの先生の試験なんだが…。試験も残るは月曜2限の政治理論史?のみ。これも当日勉強して終わりにしよう。

そして今日も大崎へ。といっても昨日とは行き先も相手も違う。GATE CITY OHSAKI…穴場です。うるさい学生もいないし、落ち着いた雰囲気、カフェなんかもいくつかある、一応本屋もある、これは使える。大学が閉まっている時期は大崎へ通います

昨日、西洋外交史のレポート、というか書評を書いた。このblogで以前書いたものに加筆訂正したものを今日提出したので、再度アップ。

5f8fb557.jpg

君塚直隆『女王陛下のブルーリボン』(NTT出版)
君主制を取る国家が少なくなった現代の世界においても、依然として王室外交は存在する。日本もそれを実践する国の1つであるが、やはり華やかな(そしてスキャンダラスな?)王室のイメージでも、そして世界的な影響力の面でも、本書が扱うイギリス王室には及ばないだろう。本書はイギリス王室外交の中でも、勲章外交、特にガーター勲章(通称:ブルーリボン)を巡る外交に注目して議論を展開している。ガーター勲章はイギリスの数ある勲章の中でも最高位の勲章であり、このブルーリボンの授与を巡って世界の王室が様々な動きを見せた。本書では、ガーター勲章の制定から現代までのガーター勲章を巡る外交を描いている。第1章は、ガーター勲章の成り立ちからヴィクトリア女王以前の勲章外交などを包括的に扱っており、やや内容が詰め込まれ過ぎている感もあるが、ヴィクトリア女王のガーター外交が描かれる第2章からは、バランスよく様々なエピソードが添えられており、吸い込まれるように勲章の世界へ導かれるだろう。また補論部分では、イギリスの貴族制やガーター勲章以外の勲章についても詳細に紹介されている。
本書の最後は非常に印象的であるので、少し長いが引用する。

 二一世紀を迎え、世界には二〇〇近い国家が誕生しているが、そのうち君主制をとる国はわずか二八(ただしエリザベス女王が国家元首を兼ねる英連邦諸国を含めると四三カ国)になってしまった。<中略>イギリスが世界に冠たる大国として認められ始めたここ二〇〇年の歴史のなかで、「ブルーリボン」が果たした役割は何人もの外交官の働きに匹敵していたといっても過言ではなかろう。人間の世界に名誉や序列が存在する限り、勲章はなくならない。その意味でも、近年の外交史のなかで重要な位置を占めてきた「ブルーリボン」に今後とも注目していくことが、二一世紀以降の国際政治や世界秩序を見ていく上で、有益な示唆を与えてくれるように思えてならないのである。

本書は歴史学の成果であり、しかも勲章という「名誉」に注目して外交を描いている。同じ、外交に関わる分野を扱っていても、2つの「ネオ」(ネオリアリズム&ネオリベラリズム)的な思考の影響を強く受けた「合理的な」国際政治学を学んでいる人間にとっては、「力」も「利益」も出てこない本書には違和感があるかもしれない(もっとも、流行りの言葉を使えば本書は「ソフトパワー」を論じているといえるのかもしれないが)。私自身はそのような「合理的な」国際政治学に対して若干の違和感を持っているのだが、それでも国際政治を見る上で、もし「力」や「利益」で説明が付くのであれば、出来る限りそれで説明をする方がよいと考えている。なぜなら「名誉」や「価値」といったものは測ることが難しく、分析としては危うい面があるからだ。もし、「力」や「利益」で多くのことが説明でき、そして解決ができるならばその方が「合理的」であるし有益だと私は考える。しかし、である。以上のように考えながらも私は同時に筆者の「人間の世界に名誉や序列が存在する限り、勲章はなくならない」という一文に強く同意する。人間が「力」や「利益」だけに基づいて行動してきたのであれば、これほどまでに人間は悲惨な歴史を歩まなかったろうし、これほどまでに魅力的な歴史を歩むこともなかっただろう。「力」や「利益」ではなく「名誉」や「権威」の最も象徴的な顕れが勲章であり、その最高位に位置するのがガーター勲章である。勲章外交は、国家間の「名誉」や「権威」を巡る激しい争いである。本書は勲章外交を鮮やかに描き出すことによって人間の本質というものに迫っているといえるだろう。

それにしても、引用部分の「君主制をとる国はわずか二八になってしまった」という嘆きはなかなか面白い。本書は、抑制された筆致で勲章外交を描き出している。何か特定のメッセージを前面に打ち出して読者を納得させる類の本ではない。しかし、最後の最後になって君主制に対する筆者の考え方が「嘆き」の形を取って表れてしまったのだろう。我々にとって、君主制、共和制、というこの2つの統治体制のどちらが「いい」のだろうか。それは、そもそも政治とは誰のためのものなのか、という問いそのものかもしれない。本書は、「勲章外交」を描くことによって読者にここまで考えさせてくれる。

at 21:15|PermalinkComments(2)本の話 

2005年07月19日

大崎に隠れ家発見。

「がんばっていきまっしょい」から見事にNEWSの某メンバーが姿を消していた、何か違和感。トラブってもレース中にあんな話したりしないなー、なんて思いながらも、見てしまう。

パウエルが慶應に来たらしいが…俺は現代アフリカ論?の試験のためコリン星への道は閉ざされていた(ゼミ掲示板より表現借用)。試験は適当にやって、教室から脱出。そして読み終えたのが↓

大薗友和『勲章の内幕』(東洋経済新報社)
表題どおり、勲章の内幕に迫ったジャーナリストの手によるルポ。この本は増補版(かな?)が社会思想社から1999年に出ているみたいなんだけど、大学の図書館にはこの1985年度版しか入っていなかった。ということで、若干情報が古いんだけど、財界を中心に日本の勲章事情がかなり詳細に紹介されている。人はなぜ勲章に見せられるのか、どういった経緯で勲章が授与されるのか、などなど、詳しい。だけど学術的な著作ではないし、政治史的なアプローチではない。資料的な制約もあるし、準学術的な著作として日本の勲章を描くのはちょっと難しいかもしれない。どーにかして1999年度版を手に入れたい。

こんな本ばっか読んでると社会に復帰出来なくなる気がする…。ま、勲章関係は気長に追いかけていくことにしよう。で、今日はその後山の手沿線の友人の家をはしごした。持つべき物は友人だな~。そして、なぜか「スターウォーズ」エピソード4~6の手DVDを手に入れる。今週の空き時間の予定が埋まった。

at 23:02|PermalinkComments(0)本の話 

2005年07月18日

梅雨明け。

梅雨明け、ということで夏本番。既に体重は3kg減少。

今日は渋谷で映画を観た。スターウォーズを観ようと思ったのだが、混んでいたので計画変更。ル・シネマで「Dear フランキー」を観た。さっぱりイギリス英語が聞き取れなくて焦ったが、なかなかいい映画。フランキー可愛いぞ。

んで渋谷をぶらぶらしたり、『勲章の内幕』って本を読んだりしているうちに一日終了。

明日から一応試験が始まる。

at 22:23|PermalinkComments(2)映画の話 

2005年07月17日

32℃。

暑い国では学問は発展しないのではないか、という友人のコメントを信じたくなる一日だった。そして昨日、早くも2回戦で我が母校は甲子園への道が閉ざされた。それにしても受験を控えた県立に負けるなんて…。

以下、また再読本↓

f7e921a8.jpg

秋山昌廣『日米の戦略対話が始まった』(亜紀書房)
本書の副題は「安保再定義の舞台裏」である。筆者は、90年代前半に大蔵省から防衛庁へ移り、防衛局長、防衛事務次官などを歴任。一連の安保再定義の動きの第一線で活躍した高級官僚だ。本書は、その筆者による回顧録及び一連の安保再定義の「解説」である。いわば伊藤博文の『憲法義解』みたいなもの(これは持ち上げすぎかな)。冷戦後の安全保障環境の変化、樋口レポート、防衛大綱の見直し、沖縄問題、日米安保共同宣言、新ガイドライン、と90年代の日米安保関係の主要事項が網羅されているだけでなく、当事者の視点からの回顧及び解説が行われている。日本外交を学ぶなら間違いなく必読文献に挙げられる。ただ、難点がいくつか。文章が細切れでカタい、ん~官僚風といえばいいのだろうか。そして内容もカタい。90年代の日米安保関係について学びたいという1年生や2年生には本書ではなく、船橋洋一『同盟漂流』を奨める。まぁ、こんな難点はありながらも官僚的から見た90年代の日米関係という視点は新鮮だし、なかなか面白い。

以下、半分は別の本(坂元一哉『日米同盟の絆』)の話。

本書の中では、2つの本についてのコメントが載っている。1つは船橋洋一『同盟漂流』、もう1つは坂元一哉『日米同盟の絆』である。『同盟漂流』についてはほんと簡単に触れられているだけなのだが、『日米同盟の絆』については、90年代の日米安保再定義の当事者の視点から、かなり詳細に検討が加えられている(本書、235~241頁)。基本的には『日米同盟の絆』を評価しつつ、冷戦後の日米関係については『日米同盟の絆』で提起されている「物と人との協力」(日本が基地という「物」をアメリカは軍隊という「人」を提供する)という日米間の相互性は当てはまらないのではないか、というのが筆者の指摘。読んで貰えれば内容は分かるので結論だけ抜き出せば、90年代の日米間の関係は「物と人との協力」よりも広いものになっている、ということである。

なかなか興味深い指摘。本書にはこのような重要な問題提起が数多く含まれている。当たり前の話であるが、日米安保条約、日米安保体制、日米同盟、というのはそれぞれ対象とする範囲が異なるので、こういった事をないがしろにして議論を進めることは危険である。といったような重要な指摘が本書の随所にある。当事者ならではである。

うむむむむ、直球で日米安保関係を扱うのもいいのかな~、なんて思ったり。

at 23:24|PermalinkComments(0)本の話 

2005年07月16日

31℃。

暑い、何をやってもはかどらない。
夏をどう過ごすか、考えないとまずいなぁ。

図書館で卒論資料収集をしつつ、貯まった本(『日米の戦略対話が始まった』)をこなす、が、読み終わらず。こなしてないか。明日、読み終えて感想をアップしよう。

今月、岩波書店から出版される本で気になっているものがいくつかある(以下、順不同)。

・山室信一『日露戦争の世紀』
・中村政則『戦後史』
・岩波新書編集部・編『子どもたちの8月15日』
・山中恒『アジア・太平洋戦争史』
・安藤英治(聞き手:亀島庸一)『回想のマックス・ウェーバー』
・ジョン・H.エリオット(越智武臣、川北稔・訳)『旧世界と新世界』
・ピーター・バーク(大津真作・訳)『フランス歴史学革命』

この他にも、ポランニーの新訳も出るらしい。簡単な紹介は岩波のHPに載っているんだけど、どれから読もうか。とりあえず『日露戦争の世紀』をまず読むつもり。この著者の『キメラ 満州国の肖像』は非常に面白かった。『子どもたちの8月15日』は、佐藤卓己『8月15日の神話』を読んだ後だけに、興味をそそられるところ。何冊読めるか…。

at 22:13|PermalinkComments(1)日々の戯れ言 

2005年07月15日

夏休みスタート(?)。

昨日、チャイ語の試験が終わったということで、今日からは夏休み。えーと、正確には試験が3つ、レポートが1つ残っているけど、気分は夏休み。夏休みは好きなんだけど、夏ばてが怖い。今年の夏は、高校時代のように走って体をいじめて、夏ばてを克服しようと思う。

そんなこんなで、「夏休み」初日に何をしたのかというと…結局、大学行ってるし。友達とだらだら話しつつ、語学と読書。今日読み終えた本は、今月出たばかりの本なんだけど予告が出た時から楽しみにしていた本。といいつつ読み終わるのが遅れたのは、一緒に出た『帰ってきたもてない男』を先に読んだからだったりする…

8ffc3593.jpg

佐藤卓己『八月十五日の神話』(ちくま新書)
筆者は『キングの時代』『言論統制』などで知られる気鋭のメディア史家。本書では「終戦は8月15日」という「神話」がメディア(具体的には、新聞、雑誌、ラジオ、歴史教科書など)においてどのように形成されたのか、がテーマとなっている。そもそも「終戦」なのか「敗戦」なのか、ポツダム宣言受諾を連合国に伝えたのは8月14日ではないのか、8月15日は国民向けに天皇のラジオ放送があっただけではないのか、降伏文書(正確には休戦協定)に調印したのは9月2日ではないのか…などなど、このような問いを掲げメディアという史料を渉猟していった成果が本書である。筆が走っているが、滑っていない、という絶妙のバランス。現代的な問題意識を根底に持ちつつも、あくまで実証的。バランスの良さが際立った面白い本だ。本書で一貫して語られているのは、歴史的記憶(ここでは終戦/敗戦をめぐる記憶)は後から様々な形で作られるということ。なぜある人は「あの戦争」の終わりを「敗戦」というのか、またある人は「終戦」というのか。この背後にある考え方にまで踏み込んで論は展開していく。話の本筋に出てきたものではないが、教科書問題などが中韓両国で話題となって歴史問題に注目が集まることは「ネガティブ・インテグレーション(否定的統合)」を果たし、国民国家を維持する上で欠かせない共通のアイデンティティ形成には重要な役割を果たす、という指摘はなかなか興味深かった。この議論は「日の丸・君が代」反対といったケースでも同様であろう。このような興味深い「豆知識」が適度に散りばめられているのも、本書の面白いところ。内容も面白いが、歴史学の面白さも実感させてくれるいい本、お薦めです。

多分、この本には多くの書評が出るんじゃないだろうか。注目していきたい。

こうして本を読み終えた後メールをチェックすると、先日図書館に入れておくれとお願いしていたオーラルヒストリーのうち在庫がGRIPSに残っているものが図書館に入ったとのこと。『大河原良雄オーラルヒストリー』『菊地清明オーラルヒストリー』『海部俊樹オーラルヒストリー』など。どれも電話帳みたいに重い。多分、オーラルヒストリーだけで15冊くらい読まなくてはならないんだけど、きつくなってきた気がする。面白そうだから読むけどね。

at 23:11|PermalinkComments(0)本の話 

2005年07月14日

1970年代の東アジア国際関係を考える。

今日で中国語の試験は終了、どれも意外と出来たというか…語学はやればやるだけ結果が出ることがわかりうれしい。

今日は、午前中2つの特殊研究を自主休講し、東アジアの国際関係特殊研究?のレポート(約8000字)を執筆。

レポートの題名は「東アジアの国際関係(1969年~1972年)~「国際秩序変動期」の視点から~」。大層な題名を付けたが、reserch paperでもなく「問題意識の整理」が目的。国際政治史を概観した時に、短期的かつ集中的に様々な秩序変動が起こり、その変化が後の歴史に大きく影響を与える「国際秩序変動期」が存在することを指摘し、その1つとして「1969年~1972年」を取り上げる、という形をとった。「国際秩序変動期」は主として大戦争の終結後によく現れる。アイケンベリーが『アフター・ヴィクトリー』で取り上げている、4つの戦後(ナポレオン戦争後、第1次大戦後、第2次大戦後、冷戦後)などをイメージすると分かりやすいだろう。この「国際秩序変動期」の東アジア版を今回は取り上げた、というのが建前。東アジアにおいて国際秩序変動期はいつか? 第2次大戦後では3つの時期がある。第1は1949~1951年、中国の共産化及び中ソ同盟と朝鮮戦争勃発による米中対立。第2は1969~1972年、中ソ間の軍事衝突による中ソ対立の激化、ニクソン・ドクトリンの発表及び米中接近。第3は1989~1991年、米ソ・中ソ対立の終焉、そしてソ連の解体である。この「国際秩序変動期」の説明が「はじめに」に続く第2節、第3節では「1969~1972年」の国際関係の動き、第4節で「ポスト1969~1972年」の東アジアの国際関係について、最後に「おわりに」という構成。

書き上げた後の率直な感想として、「国際秩序変動期」という概念は詰めが甘いし、いまいち分かりにくい。それに、1970年代の東アジアの国際関係について概観した節では、取り上げた対象の基準も明示的ではないし、その評価基準も曖昧、相当ひどいレポートになってしまった。とはいえ、自分の頭の中で1970年代の国際関係を考える上での問題意識を整理する、という目的は果たせたかな、とも思う。今回のレポートで取り上げた「国際秩序の変動」は、いわば国際政治の深層部分を流れる「大きなうねり」であり、個別的な国際政治の事象を分析する際には、より精緻な分析枠組みが求められるだろう。この点をしっかりと自覚できただけでも十分な収穫。

このちょっといい加減なレポートが今後どうにかして生きてくるのだろうか。

at 23:36|PermalinkComments(0)アウトプット(?) 

2005年07月13日

サブゼミ最終回&合同ゼミ。

サブゼミは先々週に引き続き、冷戦終結期のドイツについて。使用文献の著者も先々週に続き、鶴岡路人氏。「統一ドイツのNATO帰属への道―冷戦と冷戦後の狭間」『法学政治学論求』を使用。内容は論文の題名のとおりで、統一ドイツのNATO帰属を巡る外交について。この問題が解決した時期が冷戦と冷戦後の狭間にある、という筆者の問題意識は俺も最近感じている点なので興味深く読み進んだ。結果的に、サブゼミでの議論の焦点もそこにいった。筆者は、統一ドイツがNATOへ帰属したのは、冷戦時代の米ソ対立は無くなりながらも、依然として存在するソ連への戦略的な対応がアメリカに求められた、という当時の国際環境によるものだと論じている。しかし、である。もしドイツ統一の時期が遅れ、ソ連が崩壊していたとしても、伝統的な意味での「ドイツ問題」は依然として存在するわけだ。「ドイツ問題」への対処としてNATOの枠内で処理するという話はソ連無しでは起こり得なかったのだろうか? この辺りが問題になった。筆者に聞くしかないんじゃないか、というのがサブゼミの結論(苦笑)

ゼミは井上ゼミ(アフリカ地域研究)との合同ゼミ。昨年の冬からの「地域紛争」プログラムの最終回である。どういった形式でやるのか当日まで不明だったこともあって、若干議論がかみ合っていなかった点もあったが全体としては、意義深いゼミだったと思う。結局、形式は双方の発表者と先生2人が前に並ぶパネルディスカッション形式。具体的な地域としては「シエラレオネ」と「ルワンダ」を取り上げた。前述のとおり、ディスカッションはかみ合っていない点が多かったので、アフリカ側からの意見の中から興味深かった点を中心にいくつか抜き出すことにする(順不同)。

・アフリカという枠組みの限界について
→53の国があるアフリカを、ただ「アフリカは…」と論じることは無理な一般化をしている。
・アフリカに主権国家という秩序は難しいのではないか?
→現在のアフリカがminimum stateの要請を満たすには、民主化、グローバリゼーション、援助や「構造調整」などの外部の影響が大きすぎる。
・民主化について
→エスニシティ単位で政治的に分裂している国にデモクラシーを持ち込めば、多数派の支配を招くだけ
・国際社会のアフリカへの関わりについて
→無関心と今回のG8のような過剰な援助の落差が激しいのが問題。自助努力が重要と言われても、ちょっと待っていれば大きな援助がくる、という構造をどう考えるか。

などなど、きれい事ではない話が沢山聞けた。それにしても、先週に続いて今回の合同ゼミも学生の発言はほぼ(というか9割は)田所ゼミ、なんてお喋りなゼミなんだ。

授業後は両ゼミ合同飲み会。井上先生ダンディでかっこよすぎです。日本の地域研究の問題からアフリカを考える際の視点、日本の援助政策まで様々な話に。欧米の政治学の観点から見ると、55年体制下の日本がどのように映るか、といった話を改めて聞くと、それもアフリカ研究者から聞くと非常に面白い。う~ん、こうやって話した刺激的なことが、将来的に自分の研究テーマと重なってくるといいな、と思う。

先週の金曜日に続いて、添谷芳秀『日本の「ミドルパワー」外交』の書評情報。今回は朝日新聞、中西寛による書評。短いなりの書評といった感じ。

at 23:27|PermalinkComments(0)ゼミ&大学院授業 

2005年07月12日

チャイ語試験2日目。

チャイ語、当日漬けを敢行。ロースクール棟のカフェで2時半くらいから6時過ぎまで。後半は集中力切れしてたような…う~ん、どう頑張っても2時間半~3時間が自分の限界らしい。一番奥の目立たない席に座ってたから、誰にも気付かれなかったが、結構いろんな人たちがカフェには来ていた。ゼミの友達から授業一緒の人まで10人くらいはいたかな…ま、ほぼ誰とも話すことなくひたすらチャイ語。お陰様で試験は余裕、というか簡単すぎるぞ、外国語学校。一応、残りの試験が木曜に1つ。休みに入ってもちゃんとチャイ語は続けよう。

問題は木曜提出の特殊研究のレポート。今朝の段階ではまだ0字。1970年代後半の東アジアの国際政治を考える際の「序論」として「米中接近」を考えようと思っているんだけど、実は「米中接近」には決定的な研究というのが無い、少なくとも日本語ではない、気がする。最早英語を読む時間は無いし、どうしたものか。ということで、参考になりそうな文献・論文を積んで読み漁る。

そんな努力の邪魔をするのが「がんばっていきまっしょい」。予想通りひどい展開になってきたが、ボートを鈴木杏やら相武紗季なんかがやるという設定だけで見てしまう。とりあえず相武紗季がめちゃくちゃ可愛い。だからなんなんだ。

at 23:41|PermalinkComments(0)日々の戯れ言 

2005年07月11日

チャイ語試験始まる…。

かつての破壊王・橋本真也が死んだらしい…俺がプロレスを見始めた頃、この橋本と武藤、そして蝶野が新日を引っ張っていた。冥福を祈る。

いいニュースも。昨日まで行われていたボートのW杯で武田大作が優勝。詳細はここ。俺がボートをやっているときから彼は第一人者だった。戸田で日本代表の練習がある時に観たことがある。それにしても優勝とは…すごいことだ。

横手先生が『三田評論』7月号に『日露戦争史』(中公新書)の「執筆ノート」が載っていた。1頁の小論だが示唆に富んでいる。研究の背景に触れている部分は↓

 私にとって何よりも重要であったのは、ソ連が崩壊したことで利用可能となった史料をこれまでの研究と付き合わせることであった。そうすると意外なことに、日本では一九〇四年の初頭まで戦争は回避可能であったという解釈が支配的であることを知った。私が知る限り、ロシア語のものも含めて、外国語で出ている主要な研究書でこうした解釈を示しているものはない。これは執筆を促す強い要因となった。
 次に、日本の研究書では、肝心の戦争の過程があまり調べられていないことに気づいた。司馬遼太郎の『坂の上の雲』によって、多くの日本人は戦争の過程を理解しているようである。しかしこれは歴史小説であって、世界の研究者たちと議論するのに依拠することはできない。逆に、外国語の研究書を見ると、戦史の部分では、日本の公式戦史を利用しているものがほとんどないことに気づいた。観戦武官の記録と外国の戦史ばかりが利用されているのである。日本の陸軍参謀本部の出した公式戦史は曖昧な記述と日本語のために、ほとんど無視されていたのである。


上記の文章からも分かるとおり、『日露戦争史』はやはり読み手に高い実力を要求する本だ。何冊か研究書を読んで初めて、この本の「本当のすごさ」が分かるのだろう。

a350e78b.jpg

A・シュレジンガー,Jr『アメリカ大統領と戦争』(岩波書店)
池内恵による書評が読売新聞に掲載されていた。5月に読んだときは評価が難しいと思い書評は載せなかったのだけど、新聞の書評が出たのでついでに。本書をひと言で紹介するとすれば、アメリカを代表するリベラルな歴史家であるシュレジンガーによる「ブッシュ大統領論」といったところか。巷に溢れる浅薄なブッシュ論とはひと味違う。ステレオタイプな批判を排し、ブッシュ大統領を立憲主義の制約を大きく超えた権限を行使する「帝王的大統領」(imperial presidency)として描き批判している。これがアメリカのリベラル派のブッシュ批判の1つの類型なのだろうか。なかなか説得的な議論である。しかし、こういった大統領が出現する仕組みにアメリカの立憲制はなっているのではないだろうか、とも思う。であるとすれば、批判はブッシュ二ではなくアメリカ憲法にこそ向けられるべきなのではないか。やっぱり、なかなか評価が難しい本だ。

at 22:40|PermalinkComments(0)本の話