2010年03月22日

卒業論文発表会

昨日はゼミの卒業論文発表会&OB会がありました。

発表するゼミ生は5期生ということで、ゼミの期としては2つ下ですが、先生が途中2年間サバティカルでいなかったので、学年としては4つ下になります。4学年も下の学生が卒業し社会人になる、という単純な事実に若干複雑な気持ちになります。

卒業論文発表会は、2期生の卒業時から行われているもので、今回は我々が卒業した時以来の開催です。

ゼミの運営は千差万別で、ゼミによっては、大学院生が本ゼミやサブゼミに出席することや、三田祭論文の指導をするところもあるようですが、基本的に田所ゼミはそのようなことはありません。年に数回、ゲスト・スピーカーが来る回に出席することはあるものの、学部ゼミとの接点は合宿と飲み会と飲み会と飲み会と……というくらいで、偉そうに先輩面をする機会はほとんどありません。

また、三田祭や卒業論文のテーマをどうするかということも基本的にゼミによって大きく違います。田所ゼミの場合は、三田祭については論文を書くか書かないかも含めて完全にゼミ生次第、卒業論文については先生と相談して共通テーマを設定する年もあれば、1期生のようにシュミレーションに取り組むこともあったり、各学年によって様々です。我々の時は「冷戦終結」が共通テーマでした。

今年のテーマは、自分の専門にも関係する「エネルギー」ということで、各発表をとても興味深く聞きました。留学のために卒業を伸ばしたゼミ生や論文を完成させられなかったゼミ生が数名いたことから、最終的に昨日論文を発表したゼミ生は8名と、例年よりもやや少なめだったのは残念ではありますが、最後まで頑張り抜いた8本の論文の水準は例年になく高かったように思います。学部生の卒業論文ながら、ただの1本の論文も「お茶を濁す」ようなものが無かったというのは素晴らしいことです。

学部生の関心の幅広さや、思考の柔軟さを目の当たりにすると、専門を追求するための研究が大学院でのやるべきこととはいえ、自分の思考がついつい固定化されがちだなということを思い知らされます。

実際には自らの研究テーマを追究しつつも、問題意識や関心は幅広く、そして着実に研究成果を上げていくこと。これを言うのは簡単ですが、実行していくのはなかなか難しいものです。年初に掲げた目標の通り、まず今年は研究成果を上げることに努力を傾注しなければ、という思いを新たにした一日でした。

black_ships at 15:47│Comments(0)ゼミ&大学院授業 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字