2009年11月27日

事業仕分け

事業仕分けには色々と思うところがあります。「改革」には総論賛成各論反対が付き物とはいえ、今回のやり方は見れば見るほど総論反対に自分の気持ちが近付きつつあるように思います。

客観的に評論家然と眺めるほど落ち着けないというのが正直なところで、いくらでも書きたいことは湧いてくるのですが、留学中の細谷先生のブログのエントリーが自分の気持ちをほぼ百パーセント代弁してくれているので、ひとまずリンクしておきます(細谷雄一の留学記)。このブログを読んでいる人の多くは、細谷先生のブログを読んでいる気もするのであまり宣伝効果はないのかもしれませんが、一人でも多くの人にこの問題は考えてもらいたいです。

事業仕分けについては、ほかにも様々な意見を色々な先生が書かれていますが、大竹文雄先生のブログの二つのエントリーは経済学者らしい視点で興味深い指摘をしています(リンク1リンク2)。

at 20:44│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字