2009年10月31日

先週の授業(10月第4週)/今週の授業(10月第5週)

ネット上では色々と話題になっているので、すでにご存じの方も多いかもしれませんが、利用しているブログ・サービス(ドリコム)がライブドアに事業譲渡されるようです。これを機にブログそのものを他のサービスに移行してもいいのですが、エクスポート機能がないので1000件近くのエントリーをひとつひとつ移すのも手間がかかりますし、そのままライブドアに移行することになるのでしょうか。ブログは更新が手軽でいいのですが、事業モデルが確立していないのでこういったトラブルが多いのが困ります。さて、どうしたものか。



そんなブログの話のついでになるかは分かりませんが、最近相次いで出版社のHPがリニューアルされています。思いつくままにこの一年くらいの間にリニューアルされた出版社(学術関係の本を出しているところ)を挙げてみると、ミネルヴァ書房(リンク)、中央公論新社(リンク)、勁草書房(リンク)、吉川弘文館(リンク)、日本経済評論社(リンク)、千倉書房(リンク)、筑摩書房(リンク)、等々。全体としてはとても見やすいHPになり、過去の出版物情報の検索がしやすいなど嬉しいことが多いのですが、一方で中公などは近刊情報が非常に分かりづらくなってしまったのが残念なところです。あと、デザインがどれも似ているような気がするのは気のせいでしょうか。

a15f3c65.jpg

さて、こんな感じで出版社のHPをいくつか眺めていて驚いたのが黒崎輝先生の『核兵器と日米関係』の版元情報です。「2006年度サントリー学芸賞受賞!」と書かれている下には、なんと「品切れ・重版未定」の文字。出版業界、とりわけ学術出版をめぐる厳しさはそれなりに理解出来るとしても出版後3年余りで、この名著が2刷で品切れ・重版未定とは……。

401709fa.jpg

さらにそのついでに出版関係でちょっとした愚痴。ジェラルド・カーティス教授の名著『代議士の誕生』の復刊はめでたいことですが、改行時に一字下げでなく二字下げになっているのはどうにも不快です。堤清二・三浦展『無印ニッポン』(中公新書)が対談形式ということもあってか、改行時の字下げを行っていないことも気になったのですが、こちらはそれ以上に気になります。なぜ、わざわざ二字下げにしたのかが全く理解不能です。



やるべきことが山積していている中でブログの更新などしている場合ではないような気もしますが、ひとまず授業について書いておきます。ただし、先週と今週はあまり書ける内容(もしくは書くべき内容)が少ないです。

まず先週の授業。

<水曜日>

2限:国際政治論特殊演習(院ゼミ)

通常の院ゼミでは異例のことだと思いますが、今回の発表者は先生でした(笑)。テーマは、国際政治学会での発表“The US Hegemony and Roles of the Dollar in a Historical Context”です。たまたま夏に2回ほど、先生主催の自主ゼミで、このテーマに関連する文献(Francis J. Gavin, Gold, Dollars, and Power: The Politics of International Monetary Relations, 1958-1971)を読んでいたので、議論もなかなか盛り上がったように思います。

本番とは異なって、議論が弱いという自覚がある部分も含めてたっぷりと報告を聞くことが出来たのは贅沢な限りですが、中身についてはまだ本番が先ということで省略しておきます。射程が広いテーマを歴史的に検討するのはなかなか難しいということを感じました。

<木曜日>

5限:プロジェクト科目(政治思想研究)

台風の関係で潰れた先々週の報告原稿をめぐる議論。報告原稿の出来が※※※(伏せ字)であり、質疑応答をすることも出来なかったので、議論が低調になるのも致し方がないといったところでしょうか。一応テーマだけ挙げておけば、「コスモポリタニズムとアナーキズム」ということになるのですが……。今回についてはこれくらいでいいでしょう。



続いて今週の授業。所用と重なってしまい、プロジェクト科目(政治思想研究)を欠席したので、今週は院ゼミのみです。

<水曜日>

2限:国際政治論特殊演習(院ゼミ)

今回は、二本目の論文についての発表をしました。例のごとく具体的な内容はここでは省略します。

資料の読み込みはほぼ終わっていたのですが、議論の射程を直前までに決め切れなかったこともあり、やや消化不良気味でした。もっとも、議論の大枠を変える必要はなさそうなので、追加的な調査をして11月中にはひとまず投稿してしまいたいと考えています。投稿を視野に入れて、意義付けを少し変えてみたり、一本の論文で書くべきこと、示唆する程度に抑えるべきことなどのバランスをいかに取るのかに苦慮していますが、発表をしてみると、それなりに自分のいいたいことも伝わり、逆に自分で弱いと思っている箇所についてはそれぞれコメントが飛んでくるなど、いい意味で研究の意義と弱点を再確認することが出来たのが今回の収穫だと思います。

具体的な内容を書かないと全く何を言っているのか分かりませんが、ひとまずこんなところで。来週からは、またPainful Choices の輪読が続く予定です。

at 12:35│Comments(0)ゼミ&大学院授業 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字