2009年04月25日

今週の授業(4月第4週)

今週は木曜日が開校記念日で休みということで、金曜日のアカデミック・ライティングを除けば、授業が水曜日だけでした。

<水曜日>

2限:国際政治論特殊研究

171cc0ac.jpg

今週は、Tim Dunneによる"Chapter4 Liberalism"がテキストでした。

授業でも議論になりましたが、リアリズムがある程度――あくまである程度ですが――の共通する特徴や起源を持っているのに対して、リベラルの方は複雑怪奇というか、論者によってリアリズム以上に言っていることが異なるので、なかなか体系的に理解するのが難しい章でした。率直に言って、あまりいいまとめではなかったように思います。

そもそも、論理的に考えればリアリズムに対置されるのはアイデアリズム(もしくはユートピアニズム?)ではないでしょうか。国際関係論のテキストでは、必ずと言っていいほどリアリズムとリベラリズムの章がありますが、しっくりきたことが無いのは、アイデアリズムではなくリベラリズムとして様々な議論がまとめられていることに由来する気がします。

現在のメインストリームである、ラショナリズムないしは功利主義的な立場におけるリベラル的な立場はおそらくネオリベラル制度論としてまとめられるのでしょうが、ネオリベラルになってしまえば、国際政治認識としてかなり重要な部分までネオリアリズムと一致しています。そうしたリベラルのイメージと、古典的な相互依存論などが混在一体として一つの章にまとめることにそもそも無理を感じます。

にも関わらず、なぜどのテキストにもリアリズムとリベラリズムの章が置かれているのかは個人的に興味深いところです。その一つの理由は、リベラル的な議論が盛り上がり、それに対するアンチテーゼとしてリアリズム的な議論が提示され主流となるという歴史を国際関係論がかなりの期間続けてきたことによるものなのでしょう。これは授業である先輩が言っていたことですが、定評ある国際関係論のテキストとして知られている、Scott Burchillらが編者のTheories of International Relations の第二版では、通常のテキストとは異なりリベラリズムの章が先に置かれてリアリズムはその次に置かれているそうです。こちらの方がまとまっていないリベラリズムの議論であっても、読者の理解は容易だと思います。もっとも、第三版以降では順番が通常の通りになってしまったそうですが。

そんなわけで、何となく消化不良気味な気分が残るのは、昨年後期にモラヴチックのリベラリズムの議論を読んだ時と全く同様です。ちなみに連休明けに予定されている次回のテーマは、現在のメインストリームであるアプローチとしてのネオリアリズム&ネオリベラルです。

5限:プロジェクト科目(安全保障研究)

a8f32369.jpg

『リデルハートとリベラルな戦争観』(中央公論新社)の著者を招いて「第一次世界大戦研究の最先端」というテーマでした。『リデルハートとリベラルな戦争観』は、刊行時に購入し大まかに目を通したものの、じっくり読んではいなかったのでいい機会になりました。ちなみに『リデルハートとリベラルな戦争観』については、最新の『国際安全保障』に書評が載っていましたね。

必ずしも専門家向けではないという授業の性格もあるのか、最新の研究動向を説明するのではなく、概説的な話だったのは個人的にはやや残念だったのですが、軍事史的な観点と外交史的な観点の違いや、軍事史における最新の研究の一端に触れることが出来たのは収穫でした。

at 11:55│Comments(0)ゼミ&大学院授業 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字