ようやく。知的変態の森へ。

2009年03月29日

大磯ショック。

日本のWBC連覇、塾高が甲子園でまさかの初戦敗退など、先週も色々な出来事があったわけですが、個人的には、ちょうど一週間前の先週日曜にメディアを賑わせた「旧吉田茂邸全焼」のニュースが一番の衝撃でした。

最初の報道では不審火の可能性も指摘されていたのですが、どうやら漏電と鍵の管理の関係で初期消火が出来なかったことが原因のようです。御厨先生毎日新聞での連載「権力の館を歩く」でも最初の頃に取り上げられていましたが、戦後日本政治史を語る上では外すことのできない歴史的な建造物だっただけに残念でなりません。

こういう事態になると、修士一年の秋に、先輩の日本外交史研究者の方々と旧吉田茂邸をめぐるバスツアーに行っておいて本当に良かったと思います。



そんなニュースと共に、研究関係で良い知らせと悪い知らせをそれぞれいくつか受け取ってこの数日は複雑な気分で過ごしました。良い知らせを受け取り、研究の方はひとまず第一関門はクリアといったところでしょうか。といっても、最終的にどういった結果になるかはこの数日の頑張り次第なわけですが。……分かる人にしか分からない書き方ですね。

それにしても、バタバタと色々なことをやっていると時間があっという間に過ぎてしまいます。淡々と毎日を大事にやっていこうと思いますが、ちゃんと締め切りを作ってもう少し生産的にすることを来年度は目標にしたいものです。



d2dab6bd.jpg
b776a9a1.jpg
c6637e76.jpg
80cd266a.jpg

↑学会員割引でまとめて購入したものが届いたので読んでみました。一つ一つが短くさくっと読めるので、バイトの合間に読み進めるにはいいものでした。

「太平洋戦争への道」などテーマを明示した企画ならともかく、そうではない記念論文集的なものはえてして手抜きの原稿ややっつけ仕事が並ぶことが多いわけです。そんなわけであまり期待してはいなかったのですが、全4巻を通して読んでみて、いい意味でそんな先入観を裏切ってくれたように思います。もちろん、明らかなやっつけ仕事や何でこの人がと思ってしまうようなものもありましたが、それは仕方が無いのでしょう。

最初は興味があるものだけを読んでいこうと思ったのですが、結局全て読んでしまいました。全体を通して読んでみると浮かんでくる面白い面がいくつかあったので、以下簡単に。

第一は、全巻を貫く「日本の視点」です。日本に関する研究や一部の地域研究を除けば、現在の日本における研究状況は率直に言ってアメリカを中心とした諸外国より遅れていることは間違いないと思います。それゆえ、諸外国における研究成果や重要な議論を押さえておくことは重要であり、日本経済評論社から刊行されている『アクセス~』シリーズなどは貴重なものです。とはいえ、英語を読むことに苦労しなければ、The Oxford Handbook~などの定評ある教科書(?)のようなものがいくつかあるわけです。

こうした点を考えれば、『日本の国際政治学』に収録されている諸論文は、欧米における議論の紹介と共に、日本における研究状況に目配りをしている点に重要性があります。大学院生にとって研究史は勉強しすぎるとオリジナリティを見失う危険性を持つものですが、それなりに踏まえておくことは重要なことです。狭義の自分の専門は別として、隣接分野についてこうして議論がまとめられているのはありがたいです。

とはいえ、日本からの視点や研究がどれだけ純粋に学問的な意味があるのかについては様々な意見があると思います。そうした点を踏まえて取り上げたいのが、永井陽之助の重要性です。先日訃報が流れ、論文を読み返したばかりだっただけに余計に目に付いたのかもしれませんが、いくつかの論文で永井陽之助が取り上げられていた点が印象に残りました。

「現実主義」の代表的な論客として知られた永井陽之助ですが、多くの弟子が研究者として活躍し、さらには著書の復刻が進んでいる高坂正堯と比べると、学部生や大学院生にとってはやや遠い存在なのかもしれません。高坂正堯の『国際政治』(中公新書)はいまだに学部教育の最初に読むテキストの地位を占めていますし、「宰相吉田茂論」などは言わば通説的に取り上げられています。それに対して、永井陽之助が一部執筆している『現代政治学入門』(有斐閣)などはあまり読まれていないでしょうし、「日本外交における拘束と選択」などは重要であるにもかかわらず、高坂正堯の諸著作に押されて読まれることが少なくなっているような気がします。

永井陽之助の残した諸論考は、国際政治論と日本外交論として非常に読み応えのあるものであり、日本における国際政治学の発展の中でもっと注目されるべきものだと思います。永井の議論がなぜ独自の面白さを持っていたのかを考えることは、戦後日本を考える意味でも重要な問題ではないでしょうか。

第三は、地域研究の面白さです。多くの章で取り上げられているように、日本の国際政治学会の独自性は、歴史と地域研究が国際政治学と切り離されずに残っている点にあります。これは、科学的な方法論に基づいた国際関係論の深化にはマイナスの影響があったと思いますが、全体として見た時にはプラスだったのではないかと私は思います。

確かに、地域に深く入り込むことを志向する地域研究と、より普遍的な議論の展開を目指す国際政治学が、本質的には相容れない学問なのかもしれません。しかし、そこは曖昧にして両者の共存と対話を行うことが重要なのではないでしょうか。第三巻(「地域から見た国際政治学」)は、正直なところ玉石混淆という印象はありますが、分析対象の地域を設定した上で、いかに国際政治学ないしは国際関係論との架橋を目指すかを考える手がかりを与えてくれるように感じました。

以上は、全体を通しての感想ですが、面白かった章についても少しだけ。面白い章はいくつもあったのですが、ここでは常にオリジナリティを失わない論考を書き続けている二人の先生の章を取り上げたいと思います。

一つは、第二巻(「国境なき国際政治」)に収録されている藤原帰一先生の「帝国は国境を越える――国際政治における力の分布」です。著者は「帝国」について、これまでも様々な著書や論文で書かれていますが、この論文ではそれを「国際政治における力の分布」という古典的に重要な問題に引きつけて論じています。

世紀の変わり目辺りから「帝国」は、国際関係論の中で一つの流行といっていい位置を占めていたわけですが、そうした様々な議論を踏まえつつも、「国際政治における力の分布」という、流行り廃りに流されない長持ちのする切り口から俯瞰することによって、バランスの取れ、かつ興味をそそられる議論を展開しているのはさすがです。

個人的には「おわりに」冒頭の一文が印象的でした。

 現代の国際秩序は、主権国家が互いに脅し合う権力闘争でも、単独の帝国が支配する階層秩序でも、また各国がリベラルな理念を共有して営む法の支配でもない。現代世界では力の分配が平等ではないが一国に集中するわけでもなく、不均等な配分が継続しているのである。そこから生まれるのは、各国がそれぞれ脅し合う力を平等に持つわけではないが、また一国が帝国としての権力を保持する条件も持たない、「国際関係」と「帝国」の狭間に置かれたような状況である。(『日本の国際政治学 2 国境なき国際政治』有斐閣、2009年、213-214頁)

こうした含蓄のあるいい意味で曖昧な一文はとても印象的で、なかなか普通の研究者には書けないものではないでしょうか。その曖昧さの先にあるものについては、論文をご覧下さい。

もう一つは、第四巻(「歴史の中の国際政治」)に収録されている宮城大蔵先生の「戦後アジア国際政治史」です。宮城先生自身も書いているとおり、確かに「試論」的な論考ではありますが、それだけにこれまでの研究とは一味違う面白い通史となっています。

そもそも「アジア国際政治史」という呼称自体が、まだそれほど市民権を得たものとはなっていません。川島真、服部龍二・編『東アジア国際政治史』(名古屋大学出版会、2007年)は、アジア国際政治史を切り開く重要な本ではありますが、通史的であり、また論文集的な色彩が強い一冊だと思います。さらに戦後について言えば、「戦後アジア国際政治史」よりは「アジア冷戦史」の方が一般的に用いられており、アジア国際政治史をいかに作っていくかは大きな課題として残されていると言っていいのだと思います。

そうした中で、この論文は、?冷戦、?脱植民地化、?開発の時代の到来という三つの視座を柱に据えることによって、戦後アジア政治史を捉えようという興味深い議論を展開しています。その際に、1945~55年を「独立・革命・内戦の時代」、1955~65年を「冷戦と新興独立国の団結」、1965~75年を「転換の十年」と、十年区切りに戦後アジアを俯瞰しているのがこの論文のポイントです。

随所に面白いポイントがあるのですが、例えば米中接近をアジア冷戦の終結としてよりも、「冷戦」と「革命」の手打ちとして捉えている点などは、アジア冷戦史ではなく戦後アジア国際政治史の視点ならではの重要な点として挙げられるのではないでしょうか。分析対象や分析視角が、歴史研究においても極めて重要だということを感じさせられます。

ところで、この論文のもとになった報告は、一年くらい前に私が「幻の修士論文」を発表させて頂いた研究会で行われたものだったと思います。だから何というわけではなく、あれから一年も経ってしまったのかと思うと、改めて時間の流れるスピードが速いものだと痛感してしまいます。

at 14:49│Comments(0) 本の話 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ようやく。知的変態の森へ。