2008年01月31日

1月も終わり。

仕事→家庭教師→仕事→サークルの先輩の出版祝い→仕事→家庭教師、と過ごしているうちに今週ももう木曜日だ。そして一月も今日が最終日。こんな感じで時間があっという間に過ぎてしまう。社会人になってもちゃんと勉強をしている人は本当に偉いと思う。ま、学生のバイトと社会人の仕事は違うだろうから同じには出来ないが、ともかく朝会社に行って夕方から夜にかけて会社から出るという一日を続けるだけでも偉いと思う。逆に、朝大学に行って夜大学から出るという一日はそれほど苦痛ではないのだが…。



当たり前のことではあるが、同じテキストでも読み手が違えば読み方はかなり異なる。これを実感させられたのがこの一週間だ。拙いながらも何とかまとめた論文を、友人&後輩の前で発表したり、お送りした人からコメントを頂いたり、そんなことをしていると色々な角度から色々な意見が飛んでくる。

わざわざ読書会などをやったりテキストを輪読したりすることの意味を考えれば、人によってテキストの読み方が違うというのは当たり前のことなのだが、自分の書いたものでそれを実感するのは何となく不思議な気がする。今のところそんな経験は無いが、変な思い込みや勘違いから因縁を付けられることもそのうちあるのかもしれない。

誤解を減らすためには、分かりやすくシンプルに、そして面白さや美しさは犠牲にしない。そんな論文や研究をいつか書いてみたいものだ。



『本野盛幸オーラル・ヒストリー』の話。

久しぶりに仕事以外で、ライフのオーラル・ヒストリーを一冊読んだ。『本野オーラル』は、政策研究大学院大学(GRIPS)で行われたC.O.E.オーラル・政策研究プロジェクトの一環として行われたものだ。ちなみに同プロジェクトの研究成果の一部は、HP(リンク)でも確認出来るので、戦後日本を研究対象としている人はぜひ参考にしてほしい(ただし、HPのリストはなぜか完全なものではなく、肝心の2005年刊行分が記載されていないので、GRIPSのOPACで調べるのが最終的には一番確実だ)。

GRIPSのプロジェクトでは、かなり多くの数の外交官に対する聞き取りが行われている。柱は二つあったようで、一つがサミット、もう一つがPKO派遣だ。本野オーラルは前者であり、本野氏自身、80年代前半にサミットのシェルパを務めている。サミットのシェルパ経験者への聞き取りは、本野氏の他、吉野文六、宮崎弘道、菊池清明といった諸氏に対して行われており、それらをざっと斜め読みしてみるだけで、従来の研究などから見えるのとは異なるサミットと日本の関係が浮かんでくるはずだ。

閑話休題。『本野オーラル』をどう使うか、というのがここで書きたかったことだ。そもそもオーラル・ヒストリーをどう使うか、ということも人によって意見が分かれることだ。『本野オーラル』の場合に難しいのは、おそらく証言の大半が記憶のみに基づいてされていること、そしてその記憶もかなり曖昧だということ、さらに速記録を丹念に読み込む作業もしていないということ、などの諸点から信頼性にかなり疑問符を付けざるを得ないのだ。そんなわけで『本野オーラル』は、組織の雰囲気等をつかむ上では参考になるが、ある特定のテーマを研究する際には引用に慎重になってしまう。

ちなみに本野盛幸は、外交官四代目であり1歳から10歳まで海外生活をしていた、という面白い経歴を持っている。戦前の歴史をやっていれば知っているであろう本野一郎は盛幸の祖父である。そんな本野家の来歴や、子供時代のエピソードは読んでいてなかなか面白かった。

at 09:13│Comments(0)本の話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字