2008年01月05日

今年もよろしくお願いします。

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨日静岡より帰京し、今日から研究の日々が再スタートする。年末は、ぎりぎりまで修士論文をやっていたので、年賀状は一枚も書いていない。お世話になった方、年賀状を頂いた方には、修士論文提出後に寒中見舞いを出すことししようと思う。

年末年始は、静岡でまったりと過ごした。昨年秋に新築した叔父の家に行ったり、箱根駅伝やらサッカーやらラグビーやらのだめやらを見たり、飲んだり飲んだり飲んだりしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまった。久しぶりにゆっくり色んな本を読んだので、気が向いたらそのうちにここで紹介しようかな。

個人的に盛り上がったのは高校サッカーだ。伯父達や従兄弟の母校である藤枝東の活躍に親戚一同大盛り上がりだった。今日の準々決勝に勝てば、次は国立なので、時間が合えば応援に行きたい。



学部五年生にはならないぞ、と誓って大学院に進学したものの、修士一年目は膨大な先行研究の読み込みで一杯一杯だった。研究テーマが何とか定まったのは、修士一年の終わり、ちょうど一年前の今頃だった。

そんなわけで、昨年が事実上の研究生活一年目。「オリジナリティ」と「面白さ」と「実証性」、これらを兼ね備え、さらに「リサーチデザイン」を持った研究をすることがどれだけ難しいものなのかを嫌というほど味わった一年だった。

何とかテーマを決めて研究を進めていったのだが、そこでまた新しい壁にぶち当たる、研究を進めれば進めるほど分からないことが増えていく。そんな研究の辛さと面白さが、おぼろげながらも分かった気がするのが昨年の収穫だろうか。今年はその研究をひとまずまとめること、そしてそれをもとに次の研究につなげる大切な一年になるのだと思う。

ご指導ご鞭撻よろしくお願いします。

at 11:46│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字