2007年11月23日

パーティー。

三田祭が昨日から始まった。キャンパス内は人人人。昨日は初日の平日ということで、例年よりは人が少なかったように思うが、それでも人が多かった。当然、今日は昨日以上に人が多い。

学部の間は一、二年はサークル、三年はゼミでブースを出し、四年のときは友人達の出した「カフェ・ド・コミンテルン」に入り浸り、と三田祭を満喫していたのだが、大学院に入ってからは「あー、みんなやってるなー」といった感じだ。去年は、友人と地酒を飲んだり、COEのシンポジウムを聞きに行ったりしたが、今年はキャレルにこもって論文を書いている。「中期抑鬱期」は脱したようで、今は順調に進んでいるので、論文をやるのも楽しい。

昨日は、夜バイト先の先輩の某賞の授賞式&レセプションに行ってきた。ゼミの先輩&バイト先の人たち以外は知り合いもいないだろうしどうしたものかなあ、と思っていたのだが、お世話になっている先生がいたり、他にも知り合いの方がいたり…やはり世間は狭いなあ、という感じだ。一流ホテルだけあって、食事がうまかった。

その後は、お世話になっている先生について二次会。加藤高明について書かれている研究者の方から戦前研究について色々な話を伺ったり、それがいつの間にか宝塚の話になっていたり、とにかく幅広く色々な話題が出て楽しい時間だった。が、いつもののことながら「口は災いのもと」という状況に陥る。最後にある方から、「修士論文でみんなを納得させないと(笑)」と言われてしまう。いつも気が付くと、自分でハードルを上げていってしまうのはなぜだろうか。

at 13:10│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字