2007年09月30日

今月も終わり。

よく、生きている時間が長くなればなるほど同じ時間の感じ方が短くなっていくというけれど、本当にその通りだなと思う。九月もあと一時間弱で終わり。院ゼミだけなのでほぼ授業はないとはいえ、先週の水曜からは大学院の授業も開始され、夏休みも気が付いたら終わっていた。あの永遠のように長かった小学校時代の夏休みが懐かしい。

体調を崩したりして、色々な予定が大幅に狂ってしまった九月だが、全体としてみればいい一ヶ月だったように思う。フォースを求めてダークサイドに落ちかけた(翻訳:院棟にひたすらこもっていた)、七月に比べれば夏休みの最後は精神的に余裕があったような気がする。



夏休みは熱帯夜の供にしていたこともあって小説はかなり読んだが、その分映画はほとんど見れなかった。映画館で観たのは「天然コケッコー」(公式HP)と「エディット・ピアフ」(公式HP)の二本だけ。どちらも音楽がいい感じの映画でした。内容はほのぼのと壮絶の両極端。ちなみにこの間久しぶりに輩飲みをした時に「俺も観た」という声が相次いだのが「天然コケッコー」。24歳の男三人が「天然コケッコー」についてあつく語るというのはちょっとなあ…。

今とても観たいのが「LONDON CALLING/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー」(公式HP)。内容は題名のとおりの音楽ドキュメンタリーらしい。問題は渋谷での上映が、今週金曜までということだ。何とか時間をひねり出して観に行きたいのだが…。

そんな感じで音楽モノ映画が気になっているわけだが、夏休みは新しく音楽を仕入れる間もなく終わってしまった。ひとまず欲しいのが、yanokami(矢野顕子とレイ・ハラカミのユニット)のアルバムだ。CDを買うのは思い立ったらすぐ出来るわけだが、なんとなくものぐさになってしまっていて行動に移さないまま二ヵ月近く経ってしまった。

10月は趣味にも時間を少し割いてゆったりと過ごしたい(現実逃避気味)。

at 23:20│Comments(0)映画の話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字