2007年08月31日

夏の終わり。

八月も今日で終わり。夏休みはまだまだ続くわけだが、気分的にはほとんど終わったような気分だ。この数日は涼しい日が続いているし、夏は終わりなんだなー、と感慨にふける。



8月30日付で第20回外交記録公開が行われた。日本外交史研究にとって、本来一番の基本になるべき資料はこの外交記録公開によって公開された諸文書ということになるはずだ。しかし公開スピードが遅いこと、重要な資料がいまだに公開されていないこと、公開されるまでにかなり文書が選別されていること、など諸々の理由があり、日本外交史研究であっても諸外国の資料に依存することは多いのが現状である。

ネット等では、今回何が公開されたのか詳しく確認できないので早速今日行ってきた。思い立ったらすぐ行ける距離に外交史料館があるのは恵まれていることなのだろう。大学まで徒歩15分といったところだろうか。

もし自分の研究対象に関する資料が公開されていればラッキーだな、と思って行ったのだが残念ながら今回も公開の対象外だった。「30年ルール」に従えば、もう1977年の文書まで公開されてもいいはずなのだが、今回の公開もメインは50年代から60年代までである。結局こういった状況だと、情報公開によって得られる断片的な資料、英米など諸外国の資料やオーラル・ヒストリー、回顧録、新聞といった二次資料によってしか、新しい時代(といっても30年前)の日本外交像は描けなくなってしまう。

今回の公開では、一部で報道されている沖縄問題、マレーシア紛争やヴェトナム戦争、コンゴ動乱といったいくつかの国際紛争、ジュネーブ会談やヨーロッパ統合など、SEATO、東南アジア開発閣僚会議、GATT35条問題などが外交史的には面白いところになるのだろう。国際紛争関係は前々回から引き続いて公開が行われている。読んでいけばなかなか興味深い資料であるのだが、こういった公開のされ方だとまだまだ外務省が公開していない重要な資料があるのではないか、と思われてしまうだろう。

時間をかけてしっかりと見たわけではないが、個人的に面白かったのは日仏定期協議の関連資料だ。定期協議は様々な形でいくつかの国と行われているが、幅広いテーマについて話し合っているので、その時代の日本がどのように国際情勢を認識していたのかといったことが、『外交青書』などよりももう一歩突っ込んだところで見えてくる。補助線的な意味で使うと面白そうな資料である。

at 23:55│Comments(2)日々の戯れ言 

この記事へのコメント

1. Posted by りんむー   2007年09月03日 07:04
また見なきゃならないものが増えた。幸かそれとも不幸か。
2. Posted by 管理人   2007年09月03日 21:09
幸です。
と言い切らないといけないと思うのですが、言いきれない気持ちもあり、これは難しいところです。でも研究を始めた原点に立てば、間違いなく嬉しいですよね。「嬉しい悲鳴」といった辺りが妥当なところなんじゃないですかね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字