2007年08月22日

早起きは三文の得。

早朝に起床して水やり&運動、というリズムが出来てから毎日が快調だ。運動も出来て、時間も有効に使えて、さらに気分がいい。早起きは素晴らしい。そんなこともあって、悩んでいる暇があれば身体を動かせ、というのが真理だと実感する今日この頃。この調子で研究も進んでいけばいいのだが…。

快調なのはいいのだが、時間が過ぎるのが早いというのも悩みの一つだ。毎日気が付いたらいつの間にか夕方になっているというのは、どうにかならないだろうか。ま、それなりにやることも進んでいるのでいいと言えばいいのであるが。時間が早く過ぎると、何となく損した気がする。



久しぶりに書評を紹介。先月読んだ二冊が共に毎日新聞で紹介されていたのだ。

076541c0.jpg
82ff98bd.jpg

井上寿一『日中戦争下の日本』(リンク
君塚直隆『女王陛下の影法師』(リンク

ちなみにこの二冊はそれぞれ他の新聞でもちょっと前に紹介されていた。



今日は、お台場の友人宅へ。友人が作ってくれたグリーン・カレーを食べながら飲むビールはなかなか旨い。ここでも脱カレーに失敗。本日二食目のカレー。でも美味しかったから没問題だ。昼間の暑さとはうって変わって風が涼しく気持ちがよい夜。海沿いの公園を歩いて、頭をからっぽにすると日々の疲れが吹き飛ぶ。

何となく夏バテを脱しつつある気がする。

at 23:55│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字