2007年07月21日

サッカーとアニメ。

久しぶりに早い帰宅をしてテレビの前に座った。というのもサッカー・アジア杯の準決勝があったからだ。スポーツは最初から全く観てなければ早々途中から観たくはならないのだが、一度でも試合を観てしまうとその後が気になって仕方が無い。そんなわけでアジア杯はこのままずっと観続けることになりそうだ。

サッカーの後には去年の夏に観た「時をかける少女」を放送するというので、もう今日の夜はゆっくりしようということにしたのだ。

サッカーの結果は、まあそういうことで、勝ったんだからいいでしょうということに尽きる。しかしPK戦は心臓に良くない。オシムの気持ちも分からなくもない。それにしてもベトナムは本当に暑そうだ。あと、審判が「スペースを消す動き」をするのはどうにかならないだろうか。前回の試合を観た時も思ったのだが、アジア杯は審判のレベルが低すぎる。

試合とはあまり関係が無いが、今回の結論はサッカーを観るならNHKに限るということ。何より実況の質やレベルが断然高いし、感情的でないのでゆっくり観ていられる。今回は現地で作っている映像なのかもしれないが、カメラワークの点でもNHKの方が民放よりはいい。基本的にサッカーの試合で選手の顔をアップにされても困る。

で、「時をかける少女」。サッカーの試合が終わるくらいから他局で放送だったので、そちらに切り替えてみるはずだったのだが、サッカーが長引いたので録画して見ることにした。録画しても変わらずきれいなのはデジタル放送のいいところだ。

2b420e13.jpg

何と言うか、一度観てよかったアニメ映画は安心して観ていられる。というかセリフ覚えていくし。昨年友人宅で「耳をすませば」を観た時のことをふと思い出した。小説や漫画とは違いアニメは特別好きというわけではないが、この映画はなかなかいい。原作(時代設定も主人公も違うが)、脚本、演出の全てが秀逸ということなんだろう。

at 23:55│Comments(0)映画の話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字