2007年07月17日

息抜きに映画。

リゲインの宣伝文句をブログの副題にしてみたり、仕事が終わった後に大学へ行ったりする生活を一ヶ月近くしていると、さすがにまいってくる。そんなわけで、今日は昼間ちょっと息抜きに映画を観てきた。

観たのは「アヒルと鴨のコインロッカー」(公式サイト)。原作↓

c3bbc50a.jpg

最近はすっかりミステリーというか、エンタメ系の小説から遠ざかっているので伊坂幸太郎の本など読んだりすることがないので、特に興味があったわけではないのだが、映画館でボブ・ディランを聞きたいというだけの理由でこの映画を観ることにした。

ものすごくいい映画、というわけではないのだが、ぱっと決めて観ても損はしない、といったところだろうか。取り立てて明るくも暗くもないけど、すーっと映画に入っていけるし、すーっと映画から抜けられる。最近の邦画は、こんな感じの作品が多い。

手帳を調べてみると、映画館に行くのは四ヶ月ぶりだった。んー、もう少しコンスタントに映画を観た方が気分転換にもなっていいんだろうな。

at 23:57│Comments(0)映画の話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字