2007年06月30日

合掌。

イギリスの首相が交代するなど世界的にも色々な動きがあったこの一週間だが、個人的に最大のニュースは宮澤喜一元首相の死去の報である。

年齢的なこともあるし、テレビ画面に映る姿も一昨年辺りから目に見えて衰えてきていた。そんなわけで、必ずしも驚きがあったわけではない。

とはいえ、一人の政治家の死に象徴される時代の変化といったものを感じてしまう。編集者である粕谷一希氏は自らの自伝に『作家が死ぬと時代が変わる』と銘打っているが、これは政治家にも当てはまるのではないだろうか。いくつかの新聞が翌日の社説で宮澤元首相の死去を取り上げて、一つの総括をしていたことは時代に区切りを付けるという意味があるのかもしれない。

政治家としての評価は別にしても、宮澤元首相が戦後日本を代表する政治家の一人であったことは間違いない。大蔵官僚として敗戦をむかえ、その後は津島寿一、池田勇人両蔵相の下で秘書官を務めるなどした。特に池田勇人蔵相とはその後も個人的な関係が強く、戦後初期の活躍ぶりは『東京-ワシントンの密談』に明らかにされているとおりである。

政界では参議院議員を務めた後、衆議院に転じ「ニュー・ライト」の旗手として活躍した。閣僚としてのキャリアも豊富であり、主要閣僚はほぼ務めたといっていいだろう。1991年には、55年体制下最後の首相に就任し政界の頂点を極める。その後も小渕政権の蔵相としてアジア金融危機処理に尽力するなど、常に政界の第一線で活躍を続けた。

サンフランシスコ講和から、アジア通貨危機まで、宮澤元首相のキャリアはまさに戦後日本の軌跡とそのまま重なるものである。宮澤元首相こそが戦後日本を体現した政治家であったといっても過言ではないだろう。

経済重視、軽武装、日米関係重視、といった宮澤元首相の国際政治観は戦後日本外交の一般的な特徴として挙げられるものとしてそのまま重なる。またケインジアンと公言して憚らない経済観もまた戦後日本の大部分で主流となっていた考え方であった。だからこそ、宮澤元首相の政治家としての評価は今後厳しく問われることになるだろう。

そんな宮澤元首相の死去が、「戦後レジームからの脱却」を掲げる安倍政権下であったことは何か示唆的ではないだろうか。

at 23:55│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字