2007年05月29日

行ったり来たり。

本来ならば授業がひとコマあったはずの火曜日であるが休講。そんなわけで朝から家の近くのカフェで勉強をしたり、雑用をこなしたりしていたのだが、人と会う用事がいくつかあったため結局昼前に大学へ行った。

学生は立ち入り禁止かと思いきや、荷物を取りに行くことは可能だし、生協は時間短縮ではあるが営業していた。というわけで、置きっぱなしにしていた本を持ち帰ると共に、新たに生協で本を購入。前回&今回は、新書が中心だったのですぐに読むということは出来ないのではないだろうか。

d97c1d5e.jpg

多分すぐ読むだろうな、というのは『国連の政治力学』(中公新書)と『実録 小泉外交』(日本経済新聞社)の二冊。『国連の政治力学』は、駐国連代表部次席大使を務めた大学教授による回顧録である。学者ならではの視点と実務家としての視点の双方が読み取れるのではないかと期待している。

7b3e9e9f.jpg

『実録 小泉外交』は首相秘書官(政務)による『小泉官邸秘録』(日本経済新聞社)に続く回顧録だ。こちらはしっかり読んでみないと何とも言えないが、首相の全外国訪問が収録されていること、そして著者はその全てに同行していることなどもあり、内容がどうであれ必読であることは間違いないだろう。ちなみにこれは内容とは関係ないが、写真が数多く収録されていることと、前著が売れたからか紙の質が良くなっていることはセールス・ポイントの一つではないだろうか。

と、この二冊に加えて十冊近くの本を抱えたまま、大学院に進学した後輩&休講のため遠征中(?)の後輩がいる近所の大学へ向かう。待ち合わせはなぜか大学近所の旧前田邸だったのだが、あそこは敷地の中に入ると空気が違うし居心地がいい。普段はなかなか足が伸びないのだが、心が落ち着くいい場所なのだ。

二人とキャンパス内でしばしお茶をした後は、家庭教師に向かう。別に何をしたというわけでも無いのだが、やたらと色々と移動をした一日だった。

at 23:50│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字