2007年04月28日

GWスタート。

多忙だった一週間も終わり、ゴールデン・ウィークがスタート。GWは適度な長さなので、長期休暇のように途中でだれることもなく過ごすことがこの数年はできている。

今日は、大学院の先輩二人と遊ぶ企画があった。

遊ぶといっても、知り合いの先生がやっている学部の講義に出て、その後は古本屋を巡り、そして夕食というのがその中身。この中身が実に院生らいくいい。



学部四年はほとんどゼミ形式の授業だったということもあり、自分の専門についての講義形式の授業は実に久しぶりのことだ。その先生の研究内容についても知っているし、授業で話す内容が学会でどのように論じられているかもある程度知っていると、先生がどういった苦労をしながら講義をしているのかがよく伝わってくるし、その難しさが理解できるような気がする。とにかく細かく話せばいいのならば簡単であるが時間は限られている。そうなれば、当然端折りながら話を進めるのだが、どこをどう省いていくのか、さらにどう構成をするのか、学会内の論争を組み入れるのか、などなど。ん~、難しいものだ。

授業後は先輩と、大学近くの穴場的な古本に連れて行ってもらう。いい所を教えてもらった。

で、神保町に向かうために駅へ向かったところ。大嵐に遭遇。見事に天気予報どおりだったが、まさかあそこまでとは…。ユニ○ロの折り畳み傘が昇天してしまった。あそこまでの嵐に遭遇したのは数年ぶりだ。

その嵐も地下鉄に乗っているうちに収まったらしく、神保町に着いたらもう小雨になっていた。もう一人の先輩もここで合流して、神保町を徘徊。神保町の歩き方が何となくこの二時間で分かったような気がする。お目当ての稀少本は無かったが、前々から欲しかった本を手ごろな値段で発見したので購入した。

その後は、先輩に夕食をご馳走してもらい、ああでもないこうでもない、と学問の話を中心に話し込む。自分と同じ分野でこのような先輩が身近に二人もいるというのは本当に恵まれていることだ。

そんなわけで、いいスタートになったGW初日。

at 23:39│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字