2007年03月02日

バカンスinグアム。

昨日、帰国しました。

もっとも今回は、「成田から3時間半で着くグアム」が行き先であり、「行きが夜出発で帰りは朝到着」というプランだったので、実質的には2日間の旅だった。限られた時間の中で、海で泳ぎ、酒を飲み、本を読み、ナイト・マーケットに行き、と色々出来たのだからそれなりに充実した旅だった。が、今はとにかく痛い。

深夜にグアムに着き、3時間程眠ってから海へ、そして海で過ごすこと約8時間。ここで、はしゃぎ過ぎました。夜には足が低音火傷状態になってしまったのだ。何より失敗だったのは、足首から下が特にひどかったということ。歩くのもしんどかった。ちなみに今はそれなりに回復し、日常生活をする分には問題無い状態に回復した。同様に足をやられた友人が気がかりだ。

そんなわけで翌日は、相変わらず海を楽しむ後輩二人を尻目にパラソルの下でひたすら読書をして過ごした。この日に限らず、この旅では充実した読書生活を送ることが出来た。全く色合いの異なる三冊の小説(それぞれ、保坂和志、ウィリアム・ゴールディング、矢作俊彦の作品)を読み終えた。ゆっくりと小説を読む時間は最高に贅沢だ。が、小説の世界に入り込んでしまう時間が多く、グアムの思い出の半分が小説世界と混ざってしまっている。

そんなこんなでグアムに行ってきたので、グアム・ドクトリンについて今後は胸をはって書くことが出来るというわけだ。

at 23:01│Comments(2)旅日記 

この記事へのコメント

1. Posted by Goro   2007年03月03日 16:50
いや~いろいろあったけど
かなり楽しかったです。またいきたいね~。写真はCheckしてくれたかな?
From 図書館@MITA
2. Posted by 管理人   2007年03月04日 01:57
写真謝謝。あー、なんでカメラの電池忘れたかな~。
ブログの記事はいつもどおり感情の起伏を一切出さずに書いてみたけど…やっぱり、面白い時間が過ごせたね。修士論文終わったら旅に行きたいね、また。
ちなみにその投稿時間は、俺も図書館にいたよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字