2007年01月31日

鉄コンと”ニクシンジャー”の話。

aed36c1f.jpg

毎週水曜は「映画デー」ということで、大体どの劇場でも女性は1000円で映画を観られる。が、まれに男女とも1000円という劇場もある。渋谷だと、シネ・アミューズとアミューズCQNがそう。

というわけで、アミューズCQNで、「鉄コン筋クリート」(公式HP)を観た。朝一番の回だったのだが、立ち見が20人近くいたので驚いた(60人が定員のスクリーンでやるのが間違っている)。公開されたのは確か年末だったと思うのだが、まだこうやって結構観に来ている人がいるのだ。

ストーリーなんかは基本的に松本大洋の原作どおり。が、やっぱりアニメになって動いているのも観てみたい、ということで行ってきた。前評判どおり、声優・蒼井優が素晴らしい。原作が好きな人なら大満足なんじゃないだろうか。もちろん俺もその一人だ。

ちなみに明日は「毎月一日は映画デー」ということで、これまたどの劇場でも1000円で映画を観ることが出来る。ん~、何かを観に行ってしまいそうだ。



前々からしっかり読もうと思っていた、石井修「”ニクシンジャー”と日本」を昨日読んだ。昨年末に出た最新の『外交史料館報』に掲載されている。

ニクシンジャー=ニクソン、キッシンジャー、ということ。

筆者は、某出版社から毎年二回刊行されているアメリカの対日政策文書集の編者を務めている。その関係もあって、アメリカで近年公開された資料を読み続けているという。本論文は、その筆者が最新の政策文書や研究に基づきつつ、”ニクシンジャー”外交を論じた講演録である。

とにかく面白いのは、生々しいニクソンやキッシンジャーのセリフを数多く引用していることである。有名なキッシンジャーの日本嫌いも、具体的なセリフとあわせて紹介されると説得力が違う。

こういった話だけではなく、ニクソンやキッシンジャーのイメージを興味深い形で紹介しているので、学問的にももちろん面白い。久しぶりにわくわく読んだ論文。これはお薦めです。

at 22:25│Comments(3)映画の話 

この記事へのコメント

1. Posted by ごろ   2007年01月31日 22:32
にくしんジャー
よみたいな~~。。
ジョンソンも読めば読むほど面白いけど。彼への修正主義的評価がもうでている以上・・あ~壁はでかいな。語学も内容も。
2. Posted by 管理人   2007年02月01日 10:55
「”ニクシンジャー”と日本」は講演録だから読みやすくていいよ。卒論執筆の気分転換にちょうどいいかもね。ともあれ、あと数日、卒論頑張ってくれい。
3. Posted by daiboken   2007年02月02日 13:09
ご要望に応えて、ブログ更新しました。
ビジネスの過程で気づいたことを書き残すことにしましょう。
守秘義務というやっかいなものに抵触しない範囲で。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字