2007年01月24日

三たび映画について。

レポート提出期限が近かったり、色々とやることが多いときに限って、夜ついつい映画を観てしまう。こんな時に限ってレンタル半額だったりするのだ。昨日今日と観たのは、次の二本。

f8be53e7.jpg

一本目は、「亀は意外と速く泳ぐ」。ちょっと前から始まった、自分の中での上野樹里&蒼井優ブームにのっかって借りてみた。かなり、ゆる~い映画。「サマータイムマシーン・ブルース」もかなり「下らない」映画だったが、これも負けず劣らず「下らない」映画だ。日常に疲れていたり、何か課題に追われている時に観るのがお薦めだ。この映画の蒼井優はなかなか格好いい。

4ff21ed1.jpg

二本目は、「無能の人」。原作は言わずと知れたつげ義春の名作「無能の人」だ。監督は竹中直人。1991年公開で、ヴェネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞しているらしい。つげのファンは一家言ある人が多いので色々と文句もあるのかもしれないが、個人的にはつげの世界観をうまく映像化してるな~、と思いなかなか良かった。哀愁ですな。

と、相変わらずレンタルに関しては邦画ブームは続いているようだ。次は何を借りようかな。

at 23:38│Comments(0)映画の話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字