2006年12月26日

嵐でも大学へ。

本当にひどい天気だった。最近天気に関する文句が多いなあ、と自分でも思うのだが、それにしても今日はひどい。寒いし、風も強いし、雨もすごい。そんな天気でも大学へは行きます。年内は図書館が明日までしか開いていないので、それまでにやらなければならないことがまだまだある。

今日は主に図書館の地下五階、南館の地下四階をうろうろしながら文献や公刊文書を探していた。すごいのは、この二箇所に関しては天気の影響は一切なし。しかし、雨の音や風の音もしないというのはややむなしい。核戦争が起こっても無事なんじゃないだろうか。

昨日の記事で「来年のクリスマスは修論に追われているか、外交史料館で過ごしているんじゃないだろうか」と書いたが、サークルの某後輩の今年のクリスマスは「卒論&外交資料館」だったらしい。彼らしいといえば彼らしいが…来年が心配だ。

at 23:47│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字