2006年12月21日

色々な人と話した日。

午前中に家庭教師をこなし、午後から大学へ。

4限は先週に続き、基礎演習?に潜り込む。今日のテーマは「外交史と国際関係史」ということで、先週以上に自分の専門に近づいた話だった。先生の話は英米(+仏)の学会動向がベースにあったので、そこで感じたのは日本の特異性だ。特に日本外交研究は、欧米の研究動向とは大きく隔絶しているように思う。とりわけ日本外交研究の中でも戦後は隔絶の度合いが大きい。実際の外交面でも、そして資料の面でも戦後日本にとってアメリカ一国の持つ意味があまりに大きかったということだろう。今はこれが徐々に変わりつつある時期ということだろう。

プロジェクト科目(政治思想研究)は休講なので、この授業で年内の授業は終了。あと数日はゆっくりしたいが、有意義な冬休みにしたいものだ。

5限の時間は、友人と旧図書館探索。最近あまり足を踏み入れていなかったのだが、久々に行くと色々と発見があるので楽しい。英語で読みたいものは山のように出てくるし、仏語独語が出来ればという気持ちもどんどん強くなってくる。ちなみに旧図書館探索の最後に「ミネルヴァの梟の低空飛行」を見てきた。あの絵は実際見るとややシュールだ。

そして今日の本番、飲み会。今日の飲み会は、お世話になっている先生の授業の飲み会だ。が、この授業は学部に設置されているので、俺には出る資格は無いのだが…OBということで参加(←やや事実と異なるような気もする)。

一次会前から色々な人と話したし、二次会は政治学科某ゼミの二次会と実質的に合同だったので、とにかく今日は色々な人と話した。大先生、他大の先生、ゼミ友、ゼミ後輩、授業での知り合い、他大の友人、大学院の同期などなど、とにかく色々な人に会った。

嬉しかったのは、今読んでいる本に著者からサインを頂いたこと。ミーハーかなぁ、と思いつつも素直に嬉しいものだ。ますます読書に身が入るというものだ。

at 23:58│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字