2006年11月30日

中国語の日。

文献講読(学部設置)を取っている関係で、後期は木曜日が中国語の日になっている。結局、一週間のうち木曜+どこかで一日、つまり週二日しか中国語をやっていないわけで、やや少ないかなとも思うのだが、少ないなりに継続してやれば何とかなると信じて頑張る日々。

前期は「文献講読」の授業にも関わらず、一回の授業で数行程度の短い文章を三、四本読むだけだった。だが、後期に入り新聞の論説などを読むようになったので、それなりに中国語の勉強になっている。まあ、完全にリーディングのみではあるのだが。

今後は、中国外交を専攻している先輩の指導を受けつつ、中国語の学術論文も徐々に読んでいく予定。日本語、英語に加えて中国語で学術論文をちゃんと読めるようになれば、かなり視点が広がると思うので頑張ってやっていきたい。

以上は、やる気を上げるための文章。

f6a4cbbb.jpg

中国語の後は政治思想のプロジェクト科目なのだが、色々な偶然が重なった結果、今日は授業の一貫として映画を観た。観たのは、昨日の講演会を受けて「ホテル・ルワンダ」。こうやって畳みかけられるようにルワンダの悲惨な現実を見せられると、さすがに色々と考えさせられる。偶然だとは思うが、俺の周りには地域紛争の現場で行動するようなの実務家をに将来なりたいと考えている後輩が何人かいる。彼らは、俺よりもこういった問題に対する感受性が強いんだろうか。んー、別にそんな単純なことでは無いんだろうけど、彼らがこういう具体的な問題をどのように考えているのかは気になるところだ。…来週の授業で、講演会と映画を受けた討論があるので、それまでに色々と考えたい。

at 23:55│Comments(0)映画の話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字