2006年03月24日

祝、法学学士。

卒業。

早かったようで、でも色々なことがあった大学生活が終了。大学に入った時は、高校時代不完全燃焼だった部活(ボート)を続けるつもりだったのだが、気づけば大学院に進学することに…やっぱり俺の中で色々な変化があったということなんだろう。

それにしても、昨日の卒業式にはちょっとうんざり。塾長が「先導者たれ、独立者たれ、協力者たれ」という式辞をしている最中も周りはざわざわ。メリハリがない人間が社会の先導者にはなれない。といっても、塾長の式辞以外は俺もそんなにしっかり聞いていたわけではない。だって祝辞で自分の昔話されてもねぇ…友人と3人並んで、一人は『暗夜航路』を、一人は『人間失格』を、俺は『サロメ』を読んでました。

で、卒業式のあとは日吉キャンパスでビール。移動して三田の行きつけの立ち飲み屋で一杯。そして、園遊会が終わった頃に桜木町へ移動しゼミの友人たちとホテルで乾杯。さらに日付が変わってからは、輩達の待つ政治学科某ゼミの部屋でまた一杯。とにかく飲み続けた一日。

今日は、家に帰ってから本を読み、うとうと、本を読み、うとうと、ということを繰り返すうちに夕方になってしまった。時差ぼけはほとんど無いかな~。

大学を卒業した今、あとは入院、大学院の入学式を待つのみ。あと2週間をどう過ごそうかと思案。やる気も上がってきたことだし、まずは英語、あとは引き続きローマ史、少しだけ専門の日本外交、といったところだろうか。3月は友人との飲みがほぼ毎日ありそうな予感。あ、あと文庫になったので『ダヴィンチコード』を読もう。

at 23:56│Comments(3)日々の戯れ言 

この記事へのコメント

1. Posted by Dai   2006年03月28日 09:27
卒業おめでとう。
卒業式のところのくだりはけっこう笑ってしまった。
数年前から成人式の乱れが騒がれるようになったけど、慶応大学の卒業式がそのザマとはね。もっとも早稲田はもっとひどそうだが。
エリートがエリートたる誇りと責任を失ってしまった日本社会の退廃を嘆く、なんて言うと大げさだが、我々は毅然たるエリートになりたいものですね。
なにはともあれ、法学学士。本当におめでとう。一緒に卒業できなかったのは残念だが、帰国したら是非また会いましょう。ブログにも書いたけど5月13日に帰国します。
P.S.今、モーゲンソー、カント、ペインの著作を比較しつつ、国際関係理論をまとめるレポートを執筆中です。モーゲンソーは従来言われているよりもはるかにリベラルで、カントはかなりリアリストなのではないかと。いろいろおもしろい発見があったので、是非読んでもらいたい。完成したら送ってもいいかな?
2. Posted by 管理人   2006年03月29日 12:01
どーも。最近飲み続けてます。勉強できません。
帰国の日取りが決まったようで…逞しくなったDaiと東京でがっつり話すことが出来るのが楽しみです。レポートは面白そうだね。モーゲンソーとカントについてはその意見に大体同意。カントの場合はその様々な側面に焦点を当てないと何とも言えないし難しいのだけど、モーゲンソーに関しては国際政治が本業だけにしっかりと読み込めば従来のイメージ、あくまでイメージがどれだけ誤っているかはすぐ分かると思うな~。ペインに関しては、恥ずかしながらまともに読んだことが無いのでノーコメント。何はともあれ書きあがったら送ってください。
残り僅かな留学生活頑張ってね~。
3. Posted by Dai   2006年03月30日 10:27
I sent the paper to your mail address.
Please check it up and give a comment.
Thanks.

コメントする

名前
URL
 
  絵文字