2006年03月20日

パリ日記?

4日目

昨日の疲れか、今日は少しゆっくりした朝。昼前に再び、昨日のアラブ料理屋へ行き、ブランチ。ケパブのサンドイッチを食べる。これがほんとに安くて旨い。

それにしても今日も天気がいい。先週までは曇りがちだったらしいが、俺が来てからは好天が続いている。そんなわけで、今日は昼間から後輩とビールを飲んでしまった。程よい酔い心地で後輩宅の屋上へ上がる。後輩の家はアパートメントの屋根裏なので、窓から直接屋上へ上がることができる(上がっていいものかどうなのかは知らない)。パリのアパートメントの屋上で昼からビールを飲むなんて最高だ。

ゆっくりし過ぎてしまった。昼過ぎの出発。まずは、昨日前を通って興奮してしまったアンヴァリッドへ向かう。ここはナポレオンの墓があることで知られている。贅沢な敷地の使い方に贅沢な建築。軍事博物館も少し見ておく。

その後は地下鉄でシャトレへ。ポンピドゥーセンターにある現代美術館を見るのが目的だ。元々美術は好きなのだが特別詳しいわけではない。そして特に詳しくないのが現代美術。しかし、この美術館は面白かった。展示室ごとに簡単なコンセプトがありそれが紹介されている。この紹介を手がかりに想像力を働かせて作品を見ていく。ピンとくるものもあるしそうでないものもある。この作業がとてもいい。こんな感じで回っているうちに、高校の授業で取り上げた本に出てきた作品に出会ったりもする。

昨日に続き時間が足りない。気付けばポンピドゥーセンターで4時間近く過ごしてしまった。ピカソ美術館、モロー美術館などは、残念ながら次の機会にということになりそうだ。ちなみにここの上からの景色はなかなかいい。モンマルトルの丘がよく見える。

夜、大学院の先輩と後輩と共に、現在パリにサバティカルで来ている先生のお宅にお邪魔する。パリに来てから「時間が合えばお会いしたい」と連絡したら「それでは日曜の夜にディナーを」ということで、のこのこ行ったわけだが…何というか、知識人のディナーに参加した気分。素敵な部屋でおいしい料理とワインを頂きながら政治の話に興じる。CPEの話から、各自の研究テーマについてまで。先生から聞く、フランス政治&思想界の現状分析はとても興味深いものだった。先生からパリでやっている映画の情報を仕入れる。明日行くことにしよう。

その後、先輩&後輩でカフェへ。最初に入ったところは店内が何となくゲイっぽい。実は先生の家の周辺はパリ一のカルティエ・ゲイ。やはり…と思いつつ店を出る。カフェでもディナーの余韻が残る。が、気付けば後輩と俺の進路相談に。ありがとうございます。

帰宅は1時前、即就寝。

at 08:07│Comments(0)旅日記 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字