2006年01月26日

日常に戻りつつある…。

卒論が終わり、友達と飲んだり、外国語学校に出たり、レポートをやるために色々な分野の本や論文を読んだり、小説を読んだり…ここ数日、急速に日常に戻りつつある。

結局、今日提出のレポートは朝起きて始めることになってしまった。1つ前の記事としてエントリーしておきました。レポート、というよりただの文献紹介になってしまった。一応、最後の部分が大学院の研究に繋がるような気がするんですが…。

色々な人に薦められていた『エリゼ宮の食卓』をやっとしっかり読みました。サントリー学芸賞の選評はここ。『エリゼ宮の食卓』は饗宴外交、『女王陛下のブルーリボン』(書評)は勲章外交の分析、力や利益だけでは捉えられない外交の一面を見るうえでどちらもかかせない本だろう。

ba6288ae.jpg

・西川恵『エリゼ宮の食卓』(新潮文庫)
かつて高坂正堯は国際政治を力・利益・価値の三要素から分析した(高坂『国際政治』)。ここに価値を含めた点が、高坂のバランス感覚であろう。国際政治を語るうえで、通常話題となるのは力と利益である。やはり、力や利益と比べた時に価値はあやふやな面があることは否めない。そもそも価値とは何か、イデオロギーなのか、それともソフトパワー(ジョセフ・ナイ)に通じる類のものなのか…。しかし、確かなことの一つは様々な価値の交錯する位相も現実の国際政治にも存在するのである。本書は、フランスのエリゼ宮を舞台に繰り広げられる数々の饗宴をとおして、外交について考えている。一見すると見逃してしまう、ワインやシャンパンの選び方一つに様々な思惑が隠されているのである。具体例は是非本書を読んで知ってほしい。フランスの大統領は安全保障と外交を専管事項とし、内政は基本的に首相が受け持っている。首脳外交は大統領の重要な職務であり、ここにかけるエネルギーは他国の比ではない。首脳外交にとって饗宴は需要な意味を持つ。ここに、国力以上の政治力を持つフランスの外交力があるのかもしれない。もっとも、このように外交や国際政治に引き付けるのは本書の良さを失わせてしまう危険が圧。本書は外交をとおして饗宴について考えていると考えることも出来るだろう。饗宴に人生の楽しみを見出す、そんなフランス人の生き方が本書からはにじみ出てくる。こう考えると、本書を読むうえでこんな仰々しい前置きは必要ない。上質のワインを味わいながらエリゼ宮の饗宴に思いを馳せながら読むだけで十分なのかもしれない。

at 23:51│Comments(5)本の話 

この記事へのコメント

1. Posted by 庶民を嫌う女史です   2006年01月27日 23:12
私も『エリゼ宮の食卓』読みました!これを読んでいると、無性においしいものが食べたくなってしまいます。(笑)日本の外務省でも一応ワインはこだわっているらしいなんですけども、しかしその一方でそのこだわりを批判している方もいるみたいです。(もっとほかの事に神経を費やせ!みたいな感じで批判してました 笑)
2. Posted by 管理人   2006年02月02日 17:54
やっぱり、女史は読んでるんだね~。『エリゼ宮の食卓』を読んでて残念だったのは、自分のワインに関する知識不足、そんな目が飛び出るほど高いワインなんか飲んだことがない! 料理の方は結構分かるだけに残念でした。最後の方で、シラクとコールが「ビールで乾杯」という章があるんだけど、そこでちょっと安心した自分がいた 笑
3. Posted by Gauoisme   2006年02月03日 06:32
俺もこの本は大好き。著者の講演会も行ってきました。シラクとコールはともに大食で有名ですよね。二人おおきいから。。今日は議会に政府答弁をパパドビルパンの招待で行ってきました。生ドビルパンはまじかっこいい☆&、議会議長と話ました。
いや、素敵な経験です。
4. Posted by Dai   2006年02月05日 10:51
卒論おつかれさま。日本に帰ったら是非読ませてください。
あと、インフルエンザはもう治ったのかな?
いままでの疲れがでたんでしょう。お大事にしてください。
今、留学先の国際政治理論の授業でモーゲンソーの”Politics Among Nations”を読んでいる。
この本(“エリゼ宮の、、、”)が論じてることって、モーゲンソー言い回しに従えば”Power of Prestige”に近いのかなって思いました。
モーゲンソーによれば、国家間の「パワー」というのは他国との関係性、あるいは他国の認識によって定められるのであって、軍事力、経済力そのものが「パワー」なのではない。「パワー」がこのような心理的なものであるならば、「パワー」の“demonstration(たとえば、外交会議の席次に国力を反映させることや、軍事演習をみせびらかせて、「俺はこんなにすげー、潜水艦もってるんだぞ!」って他国に認識させること)”が国家の政策として重要なものになってくる。
ポツダム会談でチャーチルとスターリンとトルーマンが、誰が一番先に会議場に入るかで合意できなかったことや(結局3つのドアから同時に入った笑)、ベトナム戦争の停戦会議が、会議で使う椅子の形をめぐって10週間も遅れたことは(ベトコンの独立性を認めたくないアメリカが半円形の椅子をつき合わせる形での会議を望んだ)、有名な話だから知ってるよね?
一見笑い話だが、これが国家の「パワー」を象徴するわけだからバカにできない。
そう考えるとフランスのワイン外交、かなり奥が深いのかな。。。?
5. Posted by 管理人   2006年02月05日 16:27
フランス議会議長と会いました、と聞くとちょっとかっこいいけど、日本だとつい最近まで、扇千景と綿貫民輔だからね 笑 いやでもほんとに貴重な経験だと思うよ。
>Dai
卒論は送れと言われれば送りますよ。忙しそうなので読む暇ないか。ま、暇が出来ればいつでも言ってくれ。『エリゼ宮~』は、モーゲンソーの言う意味のパワーなら、Daiの言うことに近いのかな~。ただ俺が力と書いたのには、高坂正堯の定義に従ってるから、Power≒力。日本語でパワーと使うとややこしいから俺は出来るかぎり使わないようにしている。力と書いたのも「軍事力」にしちゃってもよかったのかもしれないね。もっとも、モーゲンソーは熟読に値する古典だと思います。でもやっぱり饗宴外交を表現する際には、優雅さやかっこよさにこだわらなきゃいけないのかなあ、とも思うよ。ここまで来ると、学問どうこうではなく趣味の問題だけど。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字