2005年12月20日

休養日。

3限、地域研究論特殊研究?。今日は大野健一『市場移行戦略』の一部を扱う。原洋之助の議論などに依拠しながら、市場化というものを考える際には、現地の旧来の制度と市場という西洋の制度との相互作用に着目しなければならない、と説いている。この議論自体は非常に分かりやすい。今回は、民主化ではなく市場化ではあるがオドンネルの議論を思い出す。なるど、ではここからどう具体的な分析があるのかな、と思いきやほとんど無いらしい。う~ん、やっぱり非西洋社会の分析は難しい、ということなのだろうか。

今日から卒論を書き始めようかな、と思ったのだが疲れていたので結局休養日に。

at 23:23│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字