2005年10月29日

ピアノに癒される今日この頃。

午前中大学へ行き、一日図書館で過ごす。途中、サークルの先輩と久々に昼食。やっぱ人生の、そして学問をしている先輩と話すと色々と参考になることが多い。卒論、今後の研究計画など、色々と話を聞いて頂く。でも肝心の奨学金の話は聞き忘れた。こうやって相談できる大学院の先輩が何人もいるところがうちのサークルのいいところ(一般社会に出れば、悪いところ)。

図書館で何をやっていたかといえば、ひたすら卒論の資料収集&読み込み。今日は『外交フォーラム』の日。創刊から約7年分を関係箇所を探し斜め読み。何となく卒論の輪郭が少し見えてきた気がする。今後、『中央公論』『世界』『文藝春秋』『諸君!』『国際問題』『月刊自由民主』『月刊社会党』などもこうやって読まなければ、と思うとなかなかしんどい。93年くらいの『外交フォーラム』に駐南アフリカ大使館の書記官として、あの村上世彰氏のレポートがありちょっと驚き。卒論とは関係ないのだが思わず読んでしまう。

昨日友人から借りたクラシックのCDが素晴らしい効能を発揮。集中力アップ。坂本龍一以来のピアノ・ブームが益々盛り上がる。このまま行くとこの夏、友人の間で起こったサンボマスター・ブームに迫る勢い。

at 23:14│Comments(1)日々の戯れ言 

この記事へのコメント

1. Posted by Gauroi   2005年10月31日 01:07
どもども。最近、みんな論文やらがんばってるようでオクレを感じ取ります。これは、留学の代償というべきもんでしょうかねー。w
フランス外交力、書評のようにうまくまとめていませんが、感想文書いたのでぜひコメントください。
ほいでわ~~卒論またみしてください^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字