2005年06月30日

二日酔い、そして迎え酒。

昨日今日と飲み続けて頭が痛い。昨日飲み会のあとに家でまたウイスキーを飲んでいたのがいけないのだろうか。…いけないんだろう。でも、どちらの飲みも楽しかったから没問題。

1限、二日酔いの中、そして恥ずかしながら文献を読み切れないまま、国際政治経済論特殊研究?へ。一応95%くらいは読んでいったんだけど、失態。まずいまずい。今日の話題は、「NSCを中心にみるブッシュ政権の人物評(?)」と「アメリカの双子の赤字」。ん~、どちらの記事もあまり知的刺激はなかったな~。先生も言っていたのだが、前者についてはジェームズ・マン『ウルカヌスの群像』を読むべき。まぁ、雑誌の論説と本を比べるのはフェアではないんだけど…。「双子の赤字」については、面白い点が1つあった。それは「双子の赤字」はよくないといって責めるが、実は世界経済もその「双子の赤字」に依存している点があるということ。つまりアメリカが財政の健全化に動き出せば日本やヨーロッパ、中国にも大きな影響、それもマイナスの影響があるということだ。よく考えれば当たり前の話なんだけど、今まで考えたことがなかったので、ちょっと興味深かった。ただ記事自体は「?」。経済ジャーナリズムの質というのは初めから疑ってかかった方がいいのかもしれない。

2限、西洋外交史特殊研究?。君塚直隆『女王陛下のブルーリボン』を読み始める。俺は再読中なので、読み終わり次第書評を書こうと思う。今、一言だけ書いておくと、王室の論理というのは、一般人のそれとはかなりかけはなれたところがあるんだな、ということ。それはいい意味でも悪い意味でも。

4限、東アジアの国際関係特殊研究?。冷戦後東アジアの戦略環境の変化と日米同盟、ASEANの安全保障、がテーマ。前者は友人が発表したのだが、詳細に調べてありなかなかの力作。俺が卒論を書く上で、確認しないといけない分野なので、これも自分で考えてまとまったものをアップしたい。

ふ~、木曜は6限に外国語学校もある二日酔いの身にはちょっとつらい。


at 23:55│Comments(0)日々の戯れ言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字