2005年05月25日

歴史を学ぶということ。

昼休みに後輩に話したことを簡単に再現しつつ…あ、ちなみにここでいう歴史は政治史や外交史ということです。

俺は将来やりたいことは歴史研究…でも、なんでだろ? これって結構しっかり考えておくべきことなんだろう。俺の場合はやりたいことは「戦後日本」、この問題意識だけは多分一生変わることはないと思う。だからといって、人にこれを説明する時にただ「戦後日本に興味があるから」というだけでは不十分。その先にある「なんで?」という疑問に答えなければならない。その「なんで?」に答える意味で俺は以下の2つを挙げたい。

・俺たちが生きる「今」は「過去」の積み重ねの上に存在している。その「過去」を学ぶということが歴史を学ぶということの1つの意味だろう。
・歴史を学ぶ、つまり「過去」を学ぶということは、過去の政治指導者や外交指導者を見ることによって、政治や外交の本質に迫ることでもある。つまり「過去」を学ぶことで「今」を学ぶわけだ。

上の文章だけでは不十分なので簡単に解説。

1つ目については分かりやすいと思う。例えば今の朝鮮半島問題を考えるうえで、朝鮮戦争や米中接近後の7.4共同宣言や94年の核危機などを踏まえなければその理解はとても十分とはいえない。そうならないためにも歴史をしっかりと学ぶということだ。我々は自分が考えている以上に歴史を知らない、だからもっと学ばなければならない、ということ。

2つ目は少し分かりにくいので、この間ある先生が言っていたことを無断借用して説明したい。例えば今小泉政権の対朝鮮外交や対中国外交が議論を呼んでいる。この小泉政権の外交交渉や政府内部の検討が30年経てば原則全て公開される。その時にその歴史資料を読めば、今は見えない小泉政権の外交のコアな部分が浮かび上がってくる。ここに再現される小泉政権は今は見ることのできないものである。今、佐藤政権や田中政権の外交文書が開き始めている。この佐藤政権や田中政権の外交のコアな部分に迫ることが出来れば、政治家や外交指導者の思考法に迫ることが出来る。それは即ち、外交や政治の本質に迫ることなのである。

もちろん、歴史を見れば全てが分かるというわけではない。外交や政治の本質は時と共に変わっていくものである。しかし何が変わったのかを見るためにもその前をみなければならないのだ。

外交の本質に迫るということは簡単なようで難しい。今の俺たちは結局新聞やテレビの情報に基づいて、今の国際情勢を論じている。これをみんなが無自覚にやっているから恐ろしい。本当に批判したいのならば、本当の姿に少しでも近づく努力が必要なのだ。これって丸山真男のいうところの「市民」になるための第一歩なんだろう。そう、自分の頭で考えるためには極力自分の頭を使う訓練が必要。だから、ここでも歴史を論じるのにE.H.カーやマルク・ブロックの引用はしていないわけだ。

あ、でもちゃんとE.H.カーやマルク・ブロックを見ることも大切です。

な~んてことを今日ちょっと考えた。ま、ここでは触れてない問題もたくさんある。例えば歴史と理論の話とか。理論と歴史の話に興味がある人は是非以下の文献を読んで欲しい。俺の入ゼミの課題文献だったりする。お薦めです。

・C.エルマン、M.F.エルマン編(渡邉昭夫・監訳)『国際関係研究へのアプローチ 歴史学と政治学の対話』(東京大学出版会)

俺自身は理論を学ぶんでも歴史を学ぶんでも、根本にあるものがそう違うとは思わない。むしろ違うべきではないと思う。じゃあなんで根本にあるものが違うのに表現方法が違うのか? それは美学の違いなんじゃないかな~。歴史家の美学については以下の文献でもどうぞ。

・ジョン・ルイス・ギャディス(浜林正夫、柴田知薫子・訳)『歴史の風景 歴史家はどのように過去を描くのか』(大月書店)

以上。

at 23:55│Comments(2)エッセイ風 

この記事へのコメント

1. Posted by Sayaka   2005年05月26日 21:37
美学とか語れる時点でアナタはすごいよ。いや、本当に私の家庭教師にしたいくらいです。笑
何を人生において大事にしたらいいのか、将来ってどうやって決めたらいいんだか、私はまだまだまだまだ自分探しの途上です。
いつか真理にたどり着けるんだろうか、学問であれ、何であれ。
そんなことをボンヤリ考えております。
とか言いつつ、恒常化している胃痛が私を苦しめる・・・本当に誰のせいなんだ、この胃痛は。笑
2. Posted by とりとり   2005年05月31日 00:03
学問について、Sayakaの周りには「美学」だの「快楽」だの、変なこという人ばっかだね。ていうか変態ばっか。これが胃痛の原因だ、やっぱり。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字