2005年04月22日

誰かしつこい杉花粉をどうにかしてくれ。

気付けば4月ももう下旬。桜も散って、最近少し花粉症が軽くなった気がする。俺を憂鬱にしてくれた花粉症ともあと少しの付き合いだ。これ以上粘らないで欲しい。最近気になるのはツツジ。あの毒々しいピンクが一度気になると脳裏から離れません。いくらなんでも木全体をピンクにしすぎ!

このブログでプッシュした佐藤優『国家の罠』が先週日曜の朝日新聞読売新聞に書評が出ている。興味深い本なので、まずは書評を読んでみて欲しい。

ef0f3dab.jpg

宮城大蔵『戦後アジア秩序の模索と日本』(創文社)

本書は本格的な日本外交史研究であると共に、1960年代のインドネシアをめぐる国際政治史研究。俺は、日本外交史について先行研究の読み込みが全く出来ていないので、本書のような本格的な研究書を論評することは難しい。が、頑張っていくつかコメントを付けることにする。まず本書の新しい点は、日本外交史研究の従来からの主流である「日米関係論」ではなく、日本外交をアジア、それも「海のアジア」という点から捉え直していることである。これは俺にとっては非常に新鮮な視点であった。また本書には日・米・英を中心に各国の外交資料を渉猟した結果がふんだんに生かされている。日本外交史研究というよりは、むしろインドネシアをめぐる国際関係史というべきだろう。この裏返しとして、本書は数ある日本外交の中で対インドネシア政策のみを扱っているという批判が出来るかも知れない。もっともこの批判が適切な批判なのかは分からないが…。本書を読んでの結論は「もっと日本外交史研究の読み込みが必要!」ということ。頑張ります。

at 20:52│Comments(0)本の話 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字